【Django】管理画面(admin)のURLを変更する方法

カテゴリ:Django 投稿:2022年6月5日23:28、更新:2022年6月13日23:22

・記事の概要 

Djangoの管理画面(admin)でのURLを変更する方法を記載します。


・この記事でできるようになること 

Djangoでの管理画面(admin)でのURLを任意に変更できるようになります。

デフォルトのままだと公開しているURLの後ろに/adminでアクセスされてしまうのでセキュリティ対策にもなります。


・実際の手順 

①プロジェクト配下のurls.pyを編集

projectディレクトリ内のurls.pyにあるurlpatternsがデフォルトだと

path('admin/', admin.site.urls),

となっていると思います。ここを任意の値に変えましょう。

path('hogehogemin/', admin.site.urls),


②再起動などで設定を反映

restartや再起動などで設定を反映させて、変更後の管理画面URLにアクセスしてみましょう。


・まとめ 

いかがだったでしょうか。

自分しか利用しない管理画面のpathがユーザにバレてしまっているという状態はあまりよろしくないので対応しておきましょう。


コメント一覧

コメント投稿ページへ


書いている人

のぎ
PG->SE->PMとして働き、現在はIT企業で新卒採用の担当をしています。長期育休取得明けで0歳娘の対応に毎日バタバタです。笑
採用業務をしつつ社内利用ツールなど作成しており、当ブログも勉強の一環でコーディングして作成しています。 エンジニア領域、人事・採用領域、育児関連など発信していきます。